蝋燭

故人の希望に合わせた葬儀や遺品整理|生前予約がある場合

人生の終わり

葬儀

葬儀の多様化

現代は家族の形も多様化しています。少子高齢化の時代になり、人生の最期をどのように迎えるかを考える、「終活」という言葉も出てきています。そのような中で、自分で自分の最期を事前に知って決めることができるのは新しい形です。人は必ず死を迎えるわけですから、自分の死と向き合うためにも大切なことと言えます。お葬式の形や仏壇の形も、時代と共に変化しています。昔は地域で協力して葬儀を行うところも多かったですが、現在はコンパクトにまとめる家族葬が主流です。家族葬はごく限られた人数で執り行われるため、葬式代金も大人数と比べれば大分安くなります。故人の意向にもよりますが、自分に縁のある人たちだけでしめやかに送られたいという人が増えてきているのです。

故人を想う気持ち

家族葬の場合は、祭壇や花環等もシンプルです。大企業の社長や芸能人であれば盛大に執り行っても問題ないでしょうが、一般人であればそこまで盛大に執り行う必要もないと考える人が増えてきています。死後家族に迷惑をかけないように、遺言として家族葬を望む人もいます。ネット等では情報収集のみにし、実際は資料請求や相談会などに参加する方がトラブルが少なく済みます。家族葬は故人に縁のある人たちが出席するので、葬儀はしめやかですが和やかな雰囲気にもなります。あるお坊さんは、葬儀や法事等では故人の話をするだけでも供養になるとおっしゃっています。生きているうちに、葬式のことを考えるのは難しいことですが、家族葬という選択肢も視野に入れておくべきです。小さなお葬式かもしれませんが、顔見知りのみが集まる葬儀なので、会話や故人を想う気持ちは大きなものとなるでしょう。