蝋燭

故人の希望に合わせた葬儀や遺品整理|生前予約がある場合

お通夜に関してのポイント

ウーマン

お通夜までの準備

葬儀を東京などで行う際、喪主は葬儀を行うときに家の代表となり責任を負って役割をこなしていきます。事前に家族で話し合って決めますが、一般的には故人の配偶者である長男か長女が務めていることがほとんどです。喪主や遺族は弔問客へ対応したり挨拶したりと忙しいため、全体を把握して対応していく世話役が必要になってきます。喪主と一緒に決める場合が多く、故人と親しかった友人や知人、近所の人などに依頼します。葬儀の大きさによって世話役の人数も変わってきますが主に受付や会計、案内係などの役目があります。東京などでも、これらの役目を決めて通夜までの準備を進めていきます。

お通夜の流れ

葬儀でのお通夜は家族など亡くなった人と最後の夜をすごして、悪い霊が入ってくるのを防ぐためのものになっています。東京などで通夜を行うとき日取りの決め方として友引を避けて行うのが一般的ですが通夜の場合は友引でも行うことがあります。そして亡くなってから24時間は火葬することができないことと、葬儀会社や火葬場の都合などから日程を決めます。通夜が始まったら葬儀社の担当者が司会進行してくれます。僧侶が入場して読経を行い途中で遺族から親族、一般へと焼香をしていきます。そのあと僧侶が法話などを行い退場していき、喪主から挨拶や謝辞を述べて通夜は終了します。東京などでも通夜振る舞いをしたあと、その夜は祭壇の明かり、線香などを遺族で絶やさないように過ごします。これらが一般的な流れになります。