数珠

故人の希望に合わせた葬儀や遺品整理|生前予約がある場合

葬儀と遺品の整理

和室

家族や親族が亡くなると、葬儀や遺品整理をおこなうのが一般的です。昔は西宮でも葬儀というと自宅を会場として使用するのがほとんどでした。その場合は、遺族や近所の人たちが弔問客をもてなしていました。最近では、自宅ではなく会館や葬儀社を利用するケースが多く見られます。葬儀や遺品整理をおこなう際に気をつけたいのが、どのように見送ってほしいかなどの故人の考え方です。亡くなってから故人の遺志を確認することはできませんので、生前に家族で確認しておくなどの工夫が必要です。宗教は家族でも異なる場合があります。葬儀の方法も宗教によって違うため注意が必要です。同じ仏教でも宗派がいくつかあるため自分の家の宗派について知っておくことも大切です。

西宮には、葬儀社や遺品整理業者がたくさんあります。故人が亡くなってから葬儀や遺品整理の手配をするケースがほとんどです。最近では、それらの手配を生前に自分で予約しておけるサービスが人気です。生前予約を行うメリットは、自分自身の希望を伝えその通りに葬儀などをおこなってもらうことができる点です。遺言書を残す人が増えていますが、同じように自分の死後について意思表示をしておくと葬儀の手配がスムーズになり残された家族のためにもなります。西宮で葬儀社や遺品整理業者を探す場合は、インターネットで情報を集めると便利です。葬儀と遺品整理は別の業者に依頼するのが一般的ですが、西宮には遺品整理部門がある葬儀社もあります。このような業者に一括して依頼することで、費用の無駄を省くことができるのです。また、遺品整理を依頼する前に、処分していい遺品と手元に残しておきたい遺品を分けておくことが大切です。整理スタッフが到着してから、この作業を始めると整理作業が遅延してしまう可能性があります。そのため、できるだけ一定度は残しておきたい遺品を把握しておきましょう。

人生の終わり

葬儀

人生の最後をしめやかに送り出してほしい人達が選択しているのが家族葬です。事前に葬儀場に相談したり、家族と話し合うとトラブルもなくスムーズにできるでしょう。最近では、ネットにもこういった情報が掲載されているので、資料請求と併せて調べることも重要です。

もっと読む

お通夜に関してのポイント

ウーマン

東京などで葬儀を行うとき通夜までにやることとしては家の代表となる喪主を決め、葬儀全般を手伝ってくれる世話役を決めます。通夜は亡くなった人と一晩過ごして悪い霊から故人を防ぐためのものです。日取りは友引を避けて火葬場の都合などから決めていき、式は僧侶の読経や焼香などを行い葬儀社が進行してくれます。

もっと読む

サイトリンク集

  • ハロークリーンセンターの遺品整理

    遺品整理は西宮で業者にお願いすると良いですよ。遺族による整理が難しいなら、プロに代行してもらうことをオススメします。

葬儀の流れ

男の人

東京などで葬儀告別式に参列するときのポイントとして遅刻はマナー違反になり遅刻のときはお詫びを述べ参加します。遺族と親しくないときは無理に挨拶をせず親しいときでも、お悔やみの言葉と短い会話だけにします。葬儀の流れとしては開式から読経、焼香となり僧侶退席のあとは花入れの儀を行い挨拶をして出棺となります。

もっと読む